previous arrow
next arrow
Slider
最高の果物を食卓に

矢沢農園のライブカメラ1

現在の中央アルプス

矢沢農園のライブカメラ2

現在の南アルプス

果樹園情報

  • 22/10/2 2色のりんご

    一本の樹に赤いピッコロと黄色のゴールドがなっている。これは接木という作業によるものだ。昔(若い頃)は一本の樹に20種類以上のりんごを成らせ楽しんでいたものだ。歳をとったら時間的なゆとりが無くなりこれが精一杯となってしまった。今はピッコロの収穫進行中でこの収穫が終わるまでは、2色のコントラストが楽しめる。
  • 22/9/25 ヒガンバナ

    果樹園の土手に植えられた彼岸の頃に咲くヒガンバナだ。この時期は台風シーズンでもある。先週の14号に続いて今週も15号が襲来した。静岡県に猛烈な雨を降らせ大きな被害をもたらした。温帯低気圧に変わって去って行ったが、今朝もまだ吹き返しの北風が止まない。これからしばらくの間台風と付き合わなくてはならない。
  • 22/9/22 爪跡

    9月20日最接近した大型の台風14号は、各地に停電、断水、浸水、施設倒壊、果樹の落下等大きな爪跡を残して去って行った。写真は台風が通り過ぎた後の吹き返しの風によりなぎ倒されたしまった400本のりんごの木だ。収穫を間近に控えていただけに残念だ。大量の海水や大気を動かす台風の強大なエネルギーの前に人間の力は遠く及ばない。台風一過の今朝、最低気温は14.2℃と久しぶりに「寒い」という感覚を味わった。これでりんごやぶどうの着色が進んでくれることを期待したい。この冷たい空気も台風の置き土産だ。人間は自然の中で生かされていることを思い知らされる。
  • 22/9/21 何事もなかったように

    果樹園から望む台風の去った朝の日の出だ。今日も一日が始まる。まずは、台風被害の処理をしなくては。
  • 22/9/20 落下した梨

  • 22/9/18 ジャングル

    昨年まで立派なりんごがたわわに実っていたりんご園だ。今年は雨が多く気温が高いため雑草の伸びが良く半年、管理がされなかっただけでツル植物にまるごと飲み込まれてしまった。まるでジャングルに眠る古代遺跡のようだ。これからこんな光景がいたるところで見られるようになるだろう。悲しい事だがこれが現実だ。台風14号の動きも気になる。
  • 22/9/17 秋よ来い

    9月9日~15日まで連日夏日が続いた。昨日は最高気温が29.5℃と久しぶりに30℃をきった。しかし最低気温は依然20℃以上と夏の陽気が続いている。これほど気温の高い9月はいままで記憶にない。この影響と思われるが、ぶどうやりんごの着色が進まない。稲刈りが始まった米にも高温障害が発生しているらしい。朝夕寒いぐらいの秋の陽気になってくれるのを待つしかない。♪あーきよ来い、はーやく来い♪
  • 22/9/11 梨の中性種の収穫始まる

    早生の主力、幸水梨の収穫が終了しこれから二十世紀、豊水、あきづき へと収穫が進む。9月9日には大型の台風11号が日本海を北上し強風域に入った当地域だったがおかげに被害もなく済んだ。すでに台風12号が日本列島を伺っている。今シーズンこれからいくつの台風と遭遇するのか。あまり付き合いたく無い相手だがこれも自然からの贈り物だから仕方ない。政治家の旧統一教会との関係と同じように距離を置いて付き合いたい相手だ。

矢沢農園紹介

人材育成
<立地>
矢沢農園は南信州、長野県松川町にあります。長野県南部に位置する当園は、中央アルプスと南アルプスに囲まれた標高620Mの伊那谷の段丘上にあり、昼夜の温度差が大きく、くだもの栽培に適しています。当松川町は果物の町としても知られています。

中央アルプス側の高台から果樹園地帯を見下ろす。遠景は南アルプス
<農薬を減らしています>
農薬・科学肥料を減らした、くだもの生産を行っています。木酢や有機的な肥料、自然素材を使うことにより昆虫と共存できる環境にやさしい農業を目指しています。
オーナー募集
*
<水を大切にしています>
生命の源である水。水がなくては生きられません。おいしい水を飲みたいと思いませんか?私たちは水を守るため、水源周辺の環境整備を行っています。私たちの生活は中央アルプスの伏流水によって支えられています。
<環境に配慮しています>
当農園では一部の商品(りんご)の荷造りにもみ殻を使用しています。もみ殻は家庭菜園やガーデニングの土に混ぜご使用ください。環境にやさしいもみ殻詰めで田舎の温もりもお届けします。
農薬の使用は最低限
荷造りにもみがらを使用
<食にこだわっています>
日本の食を守ってください。農地を守る取り組みとして一坪オーナーを募集しています。詳しくはオーナー募集のページをご覧ください。
                       

アクセス

矢沢農園は中央道松川インターチェンジから降りて車で5分

周辺観光情報

松川町や周辺市町村の素敵な観光スポットなどをご紹介します。

周辺観光 >

Page Top